飛び込み営業研究会は、飛び込み営業のコツとマニュアル、ノウハウ提供
飛び込み営業のコツと成功
飛び込み営業の成功方法をマスターして売上アップ
 HOME飛び込み営業の基本飛び込み営業力強化コンサルティングお問い合わせ会社案内
一瞬で決める飛込営業のコツを研究するサイト

飛び込み営業力の強化
■飛び込み営業のコツ
飛び込み営業は嫌い?
飛び込み営業の効率
どうしたら売れますか?
セールスの組み立て
マニュアルについて

■セールスのコツ
瞬間防御を崩せ
一辺倒の説明をしない
リサーチせよ
ダメだしトーク禁止
気持ちがグラつくな
セールスのスランプ

■飛び込み営業の実践
一瞬で決める飛び込み営業
小脳営業のコツ
成功する営業マニュアル

◆アプローチステップ
アプローチのコツ
特定商取引法の遵守
法人向けアプローチ
個人向けアプローチ

◆セールスステップ
セールス(商談)のコツ
イメージを膨らませる
クロージングのコツ

■他のツールとの融合
テレアポ・電話との融合
ルートとの融合
ネット戦略(サイト)との融合
小冊子・チラシとの融合
ポスティング
ドアコールって何?
ドアコールのコツ(ポイント)


◆飛び込み営業のコツ
飛び込み営業の効率

飛び込み営業の効率は、実際にはどうでしょうか?
個人宅や非常に大きな商店街であれば、朝から夜までローラーを行う場合、会話の程度や業種などにもよりますが、300〜400くらい出来ます。

これが、ターゲット別であれば、距離や移動時間などにもよりますが、20〜40くらいです。
効率から考えると電話営業のほうが数はこなせます。

電話はほとんどの企業や家にあります。
では電話営業が一番かと言うと、これが案外そうでもありません。

電話営業は弊社の得意としているところでもありますが、視覚情報がない分、集中やりサーチが全てになります。

ところが飛び込み営業は、視覚が伝わります。
人は不思議なもので、見た途端、親しみを感じる人もいますね。
何となく面白さが伝わる人もいます。

この武器は非常に大きいのです。

飛び込み営業似なれてくると、本当に独特な雰囲気が出て、一瞬で決めるようなことも可能です。
これは電話営業ではできません。
電話営業は緊急度が高いツールなので、飛び込み営業法とは違う意味があります。

営業は効率は大事ですが、その持ち味の長所があるので、目標達成するための多くの営業方法のひとつという感じで良いのだと思います。

飛び込みは出来なくて、電話が得意と言う人はいません。電話が苦手で飛び込みは出来る人はいるかもしれませんが、電話の技術を学ぶほうが、飛び込み営業でもスキルは上がります。

どんな営業方法でも同じだというほうが一番です。  

飛び込み営業

飛び込み営業のスキルアップに無料メルマガをお役立て下さい。
氏名
姓: 名:
E-Mail ※

飛び込み営業研究会のトップ / 営業の悩み解決!尾島塾/ お問合せ・お見積り・仕事依頼

Copyright Egaolife.jp All Rights Reserved