飛び込み営業研究会は、飛び込み営業のコツとマニュアル、ノウハウ提供
飛び込み営業のコツと成功
飛び込み営業の成功方法をマスターして売上アップ
 HOME飛び込み営業の基本飛び込み営業力強化コンサルティングお問い合わせ会社案内
一瞬で決める飛込営業のコツを研究するサイト

飛び込み営業の基本
■はじめに
なぜ飛び込み営業か?
お客様が目の前にいない
実は教える人が少ない
成功する飛び込み営業

■飛び込み営業の種類
法人向けセールス
個人向けセールス
商店向けセールス
ターゲット別セールス
マーケティングに

■飛び込み営業マインド
セールスにおける共通
どの程度の積極性
雷雨のごとき消極性
売れない理由
売れない時の努力の順番
否定的な言葉に惑わされない


◆飛び込み営業のマインド
営業における共通項目

営業は共通項目として、主導を取る必要があります。
これは飛び込み営業、電話営業、ルート営業、反響型営業何でも同じです。

主導を取るということは、ニード喚起と同じですが、会話やお客様の状態を察知しながら、その必要性を訴えて、購入意欲を起こさせて、締結します。

主導を取れないと、営業が流されます。

主導を取るには、お客様の注意関心をひきつけつつ、興味に変えるためのものです。
その主導は、質問による会話力があります。

会話することで、お互いのコミュニケーションが出来て距離を近づけます。

会話が少なくても、訪問回数が多いほど、コミュニケーションが増します。
ルート営業はコミュニケーションが取りやすいのですが、主導が出来ないと受けの営業になりやすく、そんうなると数字が伸びません。

反響型営業は、ある程度の集客を会社で行いますが、飛び込み、電話営業は、自分で集める必要があります。

集めておいて、NGを切り離していくという行為の連続です。
集めるのが出来ない時代になりました。

だからこそ、自分の営業で集めることが出来る人は、どの企業でも、また独立しても、自分で販売できるのですから、すごく強いのです。

飛び込み営業画像

飛び込み営業のスキルアップに無料メルマガをお役立て下さい。
氏名
姓: 名:
E-Mail ※

飛び込み営業研究会のトップ / 営業の悩み解決!尾島塾/ お問合せ・お見積り・仕事依頼

Copyright Egaolife.jp All Rights Reserved