飛び込み営業研究会は、飛び込み営業のコツとマニュアル、ノウハウ提供
飛び込み営業のコツと成功
飛び込み営業の成功方法をマスターして売上アップ
 HOME飛び込み営業の基本飛び込み営業力強化コンサルティングお問い合わせ会社案内
一瞬で決める飛込営業のコツを研究するサイト

飛び込み営業力の強化
■飛び込み営業のコツ
飛び込み営業は嫌い?
飛び込み営業の効率
どうしたら売れますか?
セールスの組み立て
マニュアルについて

■セールスのコツ
瞬間防御を崩せ
一辺倒の説明をしない
リサーチせよ
ダメだしトーク禁止
気持ちがグラつくな
セールスのスランプ

■飛び込み営業の実践
一瞬で決める飛び込み営業
小脳営業のコツ
成功する営業マニュアル

◆アプローチステップ
アプローチのコツ
特定商取引法の遵守
法人向けアプローチ
個人向けアプローチ

◆セールスステップ
セールス(商談)のコツ
イメージを膨らませる
クロージングのコツ

■他のツールとの融合
テレアポ・電話との融合
ルートとの融合
ネット戦略(サイト)との融合
小冊子・チラシとの融合
ポスティング
ドアコールって何?
ドアコールのコツ(ポイント)


◆他ツールとの融合
テレアポ・電話営業との融合

テレアポは非常に効率的に強みがあります。
テレアポや電話営業は、電話というツ−ルを活かしますので、優先度が高いです。重要度は出てみないとわからないです。

夜中に電話が鳴るとあわてて出ますね。
離れて暮らす家族や親戚、友人に何かあるか、重要なことが起きたかと思うわけです。

寝ていても飛び起きますが、内容は出ないとわかりません。
間違い電話かもしれないからです。

テレアポや電話営業はこの優先度を有効に使うのですが、いきなりの電話ですので、お客様の受け取り方も様々だからです。
飛び込み営業のようにお客様の状況が見ることが出来ません。

テレアポで訪問後、予定がない場合などもその周辺の飛び込み営業が可能です。
テレアポ→飛び込み営業という手法は、かなり使われています。
テレアポ後の商談で、帰社してしまうと効率が悪いからです。

テレアポ

飛び込み営業の合い間にテレアポを入れるということも可能です。
飛び込み営業で、このテレアポを融合すると結構リズムが良くなります。

それは飛び込み営業で初回ステップで断られるケースが非常に多いので、なかなか商談ステージまでいかないのです。
この時にアポイントが入ると、ストレスが消えるのです。

つまり飛び込み営業にはずみがつくのです。
そこで有力な見込みになるとその周辺の飛び込み営業もやりやすいです。
紹介が出るかもしれないからです。

飛び込み営業はとにかく初回ステップの断りが多いので、アポイントで話を聞いてくれるお客様は貴重なのです。

テレアポの場合は、そんなに詰めなくても飛び込み営業と融合の場合は、話を聞いてくれるだけでもよいと思います。

飛び込み営業でも地域のローラーではなくて、業種別に絞って動く場合、どうしても移動時間が生じます。

効率の良い動き方をしても、件数はローラーより八少なくなりますし、移動時間も多いです。
この間でも、テレアポは営業ができるので、動きを把握しながら連動するととても効率が良くなります。

またテレアポや電話営業でのリサーチと実際に訪問してみると温度差があるケースもあります。
それを埋めることで、営業力がアップしますし、テレアポ・電話営業でのスキル向上にも役立ちます。

テレアポと電話営業

ご参考(電話営業研究会)

飛び込み営業のスキルアップに無料メルマガをお役立て下さい。
氏名
姓: 名:
E-Mail ※

飛び込み営業研究会のトップ / 営業の悩み解決!尾島塾/ お問合せ・お見積り・仕事依頼

Copyright Egaolife.jp All Rights Reserved