飛び込み営業研究会は、飛び込み営業のコツとマニュアル、ノウハウ提供
飛び込み営業のコツと成功
飛び込み営業の成功方法をマスターして売上アップ
 HOME飛び込み営業の基本飛び込み営業力強化コンサルティングお問い合わせ会社案内
一瞬で決める飛込営業のコツを研究するサイト
初めての飛び込み営業や飛び込み営業のコツ、成功(プランニング・マニュアル・セミナー研修・同行営業

飛び込み営業力の強化
■飛び込み営業のコツ
飛び込み営業は嫌い?
飛び込み営業の効率
どうしたら売れますか?
セールスの組み立て
マニュアルについて

■セールスのコツ
瞬間防御を崩せ
一辺倒の説明をしない
リサーチせよ
ダメだしトーク禁止
気持ちがグラつくな
セールスのスランプ

■飛び込み営業の実践
一瞬で決める飛び込み営業
小脳営業のコツ
成功する営業マニュアル

◆アプローチステップ
アプローチのコツ
特定商取引法の遵守
法人向けアプローチ
個人向けアプローチ

◆セールスステップ
セールス(商談)のコツ
イメージを膨らませる
クロージングのコツ

■他のツールとの融合
テレアポ・電話との融合
ルートとの融合
ネット戦略(サイト)との融合
小冊子・チラシとの融合
ポスティング
ドアコールって何?
ドアコールのコツ(ポイント)


◆その他のツールとの融合
ルート営業との融合

このケースではルート営業をしながら、飛び込み営業を利用するということのほうが多いように思います。
ルート営業の場合、通常は取引先が決まっていますね。

決められたコースで時間がないというケースでも、いつも通るルートには必ず、ターゲットにしたいと思う企業やショップはあるものです。

私もルート営業をしながら新規開拓をしていた時があります。
どうしても同業や将来取引したいと思うところも、いつも通るルートでは、意識しないでもチェックしていることが多いです。

ルート営業で、営業する時間が融通きくのであれば、飛び込み営業が良いでしょう。

この場合、いつも通るルートであれば、飛び込み営業も時間を掛けて、DMやチラシ、ネットなどを流用するのもよいでしょう。

最初から売り込みにいかないで、訪問する理由やいつも通ることでフォローがしやすい事などで、ゆっくりで構いません。

ルート営業のよさは、リアルの販売形態が形成されているので、それが同業でも異業種でも可能性があるわけです。

アプローチを段階別にしていけば、新規獲得になりやすいです。
初回ステージとセールスステージの間に、アプローチステージを入れると良いでしょうね。
人的つながりを持ってしまうのも手段です。
ルート

飛び込み営業を主にしながら、ルート営業をする場合は、保険とか車など、エリアなどですでに契約、購入されたお客様のフォローを合間に入れるというのは多くあると思います。

NGの中から購入契約されたお客様のフォローを中心に、そこから飛び込み営業を再度起点にすることも出来ます。

1件より2件、2件より3件のほうが、細かなフォローが出来るのです。
1件だけですとエリアを離れるとご無沙汰してしまうケースがあります。
だからここから増やすように努力します。

それは案外苦しくないのです。苦しいのは1件出るまでなのです。
またモチベーションを上げるのにも役立ちます。

訪問すれば、購入・契約されたお客様とお話が出来ます。
断りの多い中で、励みにもなるのです。

喫茶店で休憩するよりは、お菓子をお持ちして話をするほうがリズムは良くなります。
こういうすばらしいお客様をまた獲得しようという意志力のアップ、その実績から自信にもなります。

ルートと飛び込み

飛び込み営業のスキルアップに無料メルマガをお役立て下さい。
氏名
姓: 名:
E-Mail ※

飛び込み営業研究会のトップ / 営業の悩み解決!尾島塾/ お問合せ・お見積り・仕事依頼

Copyright Egaolife.jp All Rights Reserved