飛び込み営業研究会は、飛び込み営業のコツとマニュアル、ノウハウ提供
飛び込み営業のコツと成功
飛び込み営業の成功方法をマスターして売上アップ
 HOME飛び込み営業の基本飛び込み営業力強化コンサルティングお問い合わせ会社案内
一瞬で決める飛込営業のコツを研究するサイト

飛び込み営業力の強化
■飛び込み営業のコツ
飛び込み営業は嫌い?
飛び込み営業の効率
どうしたら売れますか?
セールスの組み立て
マニュアルについて

■セールスのコツ
瞬間防御を崩せ
一辺倒の説明をしない
リサーチせよ
ダメだしトーク禁止
気持ちがグラつくな
セールスのスランプ

■飛び込み営業の実践
一瞬で決める飛び込み営業
小脳営業のコツ

◆アプローチステップ
アプローチのコツ
特定商取引法の遵守
法人向けアプローチ
個人向けアプローチ

◆セールスステップ
セールス(商談)のコツ
イメージを膨らませる
クロージングのコツ

■他のツールとの融合
テレアポ・電話との融合
ルートとの融合
ネット戦略(サイト)との融合
小冊子・チラシとの融合
ポスティング
ドアコールって何?
ドアコールのコツ(ポイント)


◆アプローチステップ
特定商取引法

飛び込み営業では、何とか警戒を解くために工夫をしている人が多いです。
そのほとんどが初回ではいきなり商品販売の話題を避ける手法を取っています。

ところが、このアプローチ法が詐欺や悪質なものが多く出現して、社会問題になってしまいました。

・現在、アンケートをしております。
・無料でプレゼントをしています。
・お宅の庭にこういうものが落ちていました。
・屋根がはがれているので、無料で見てあげます。
・床下にシロアリがいてはいけないので、私が無料で見てあげましょう。
・このあたりを回っているものです。

悪質なものも、そうでないものもあるのでしょうが、現在では、初回に会社や氏名、訪問の目的(つまり勧誘)、商品などを明確に伝えなければなりません。そうしないと法違反です。

特定商取引法ではこのように規定されています。

事業者の氏名等の明示(法第3条)      
事業者は、訪問販売を行うときは、勧誘に先立って、消費者に対して、次の事項を告げなければなりません。

1)事業者の氏名(名称)
2)契約の締結について勧誘をする目的である旨
3)販売しようとする商品(権利、役務)の種類

つまり、初回訪問で、いきなり、上記を名乗ります。
「私は○△会社の○□です。健康食品の販売をしております。今日は、コラーゲンのサプリメントの販売でご訪問いたしました」

どうでしょうか?
断られやすいでしょう。
でも法律で定められています。

ではどうしたら、警戒を解くかは、その次の言葉でもあります。
特定商取引を出来るだけ、簡単明瞭にして、次に警戒を解くようにします。

特定商取引法

飛び込み営業のスキルアップに無料メルマガをお役立て下さい。
氏名
姓: 名:
E-Mail ※

飛び込み営業研究会のトップ / 営業の悩み解決!尾島塾/ お問合せ・お見積り・仕事依頼

Copyright Egaolife.jp All Rights Reserved